業績一覧

所属学生が筆頭著者(第一著者)となっている研究発表一覧です。教員による発表は教員のページをご覧ください。

学術雑誌(査読あり)

2017年度(2件)

2016年度(1件)

2015年度(1件)

2014年度(0件)

国際会議(査読あり)

2017年度(4件)

2016年度(5件)

2015年度(1件)

2014年度(1件)

国内発表

2017年度(5件)

  • 島仁誠, 吉田光男, 梅村恭司.
    • Twitterのプロフィール変更時におけるユーザの行動と関係のあるキーワードの抽出.
    • ARG 第11回Webインテリジェンスとインタラクション研究会. 2017. (発表予定)
  • 奥本隼, 吉田光男, 梅村恭司, 市川裕子.
    • Response Collector:反転授業のための学習ツール.
    • 第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ. 2017. (発表予定)
  • 長尾拓弥, 奥本隼, 川上賢十, 吉田光男, 梅村恭司.
    • WebブラウザベースのP2Pライブ映像配信システムの試作.
    • 第25回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ. 2017. (発表予定)
  • 高本綺架, 吉田光男, 梅村恭司, 市川裕子.
  • 近藤佑樹,萩行正嗣, 吉田光男, 梅村恭司.
    • アメダスの観測データを用いたTwitterユーザの居住地推定の試み.
    • ARG 第10回Webインテリジェンスとインタラクション研究会. 2017.

2016年度(8件)

2015年度(10件)

2014年度(9件)

2013年度以前の発表

2013年度以前の発表はこちら