業績一覧

所属学生が筆頭著者(第一著者)の研究発表一覧です。教員が共著でないものも含みます。教員による発表は教員のページをご覧ください。

学術雑誌(査読あり)

2019年度(2件)

2018年度(0件)

2017年度(2件)

2016年度(1件)

2015年度(1件)

2014年度(0件)

国際会議(査読あり)

2019年度(5件)

  • Toshiki Aoba, Masato Kikuchi, Mitsuo Yoshida, Kyoji Umemura.
    • Improving Estimation of Conditional Probability for Determining Importance of a Bigram.
    • The 12th International Conference on Knowledge and Smart Technology (KST-2020). 2020. (accepted)
  • Shiori Hironaka, Mitsuo Yoshida, Kyoji Umemura.
    • Is User's Centrality Related to Hardness of Location Estimation?.
    • The 11th International Conference on Social Informatics (SocInfo2019). 2019.
    • (Not included in the proceedings)
  • Shiori Hironaka, Mitsuo Yoshida, Kyoji Umemura.
  • Shintaro Uchiyama, Hayato Okumoto, Mitsuo Yoshida, Yuko Ichikawa, Kyoji Umemura.
    • Usefulness of Instructor Annotations on Flipped Learning Preparation Video System.
    • The 2019 International Conference On Advanced Informatics: Concepts, Theory And Application (ICAICTA2019). 2019.
    • arXiv.org(無償公開)
  • Toshiki Aoba, Kyoji Umemura, Mitsuo Yoshida.
    • Conditional probability as Importance of Bigram.
    • The 2019 International Conference On Advanced Informatics: Concepts, Theory And Application (ICAICTA2019). 2019.
    • (Not included in the proceedings)

2018年度(6件)

2017年度(6件)

2016年度(5件)

2015年度(1件)

2014年度(1件)

国内発表

2019年度(3件)

  • 菊地真人, 川上賢十, 吉田光男, 梅村恭司.
    • 高・低・ゼロ頻度N-gramに対する統一的な尤度比の推定法.
    • 第22回情報論的学習理論ワークショップ. 2019.
  • 関本健臣, 関喜史, 吉田光男, 梅村恭司.
    • ソーシャルメディアにおけるニュース共有に関する予備調査.
    • 第12回Webとデータベースに関するフォーラム. 2019.
  • 廣中詩織, 吉田光男, 梅村恭司.
    • ソーシャルグラフにおけるユーザの中心性と居住地推定の難しさとの関係.
    • ARG 第14回Webインテリジェンスとインタラクション研究会. 2019.
    • スタートアップ賞

2018年度(6件)

2017年度(11件)

2016年度(10件)

2015年度(10件)

2014年度(9件)

2013年度以前の発表

2013年度以前の発表はこちら