学位論文

修了生・卒業生の学位論文タイトルの一覧です。学生による研究発表は業績一覧のページをご覧ください。

2017年度

修士(3名)

  • 信頼区間を用いた条件付き確率の保守的な推定(菊地真人)
  • 居住地推定のためのフォロー関係をもとにしたグラフの構築法(廣中詩織)
  • 角転送行列繰り込み群法を用いた格子状マルコフ確率場の計算手法(吉田智晴)

学士(4名)

  • 話者に受講者の様子を一覧で提供するシステムの開発(東龍太郎)
  • Twitterのプロフィール変更に着目したキーワード抽出の試み(島仁誠)
  • WebブラウザベースのP2Pライブ映像配信システムの実装(長尾拓弥)
  • 語の使われ方の類似性に着目したラベルセット抽出の試み(平島峻成)

2016年度

修士(4名)

  • 分散語義空間における多義の判定(大本佳奈)
  • 講義受講中にブックマークを付けることによる復習システムの実装と評価(砂田弦)
  • 信頼区間の下限値を用いたスムージングと尤度比推定による名前抽出(中野翔平)
  • スポーツにおける多視点映像の視聴法に関する研究(宮下咲)

学士(5名)

  • 類義語の張る空間に着目した語義学習方法の比較(及川遥)
  • 映像の時間変化に着目したHalf-Diminished Realityの実現(奥本隼)
  • 拡張性のある多視点映像配信システムとその受講システム(金子冴)
  • ツイートの投稿位置推定における分かち書き手法の影響(近藤佑樹)
  • 作曲者判定における圧縮類似度の改良(高本綺架)